赤ちゃん服の洗濯におすすめ洗剤はコレ!ウンチ汚れもすっきりキレイ!

新生児や赤ちゃんの衣類は直接肌に触れるものだから、洗濯には気を遣いますますよね。
安心して使える洗剤で洗濯してあげたいものです。

私も子どもが小さいころはどの洗剤がいいのか?
汚れがひどい時に大人と同じ洗剤を使ってもいいのか?

どうやって落とすのか?など色々と悩みました。
私が実際に使ってよかったおすすめの洗剤とその使い方をご紹介しますね。

赤ちゃんの洋服や肌着の洗濯にはコレ!

私がずっと使ってきたのは「アラウ」の洗濯用洗剤です。

無香料、無着色、保存料無添加
合成洗剤と違って自然成分から作られていて、
植物油脂から作られているので敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使えます。
新生児だと肌荒れを起こして欲しくないですもんね。

液体せっけん
アラウは液体せっけんなので、粉末と違って溶けやすく使いやすいですよ。
粉末だと溶け残りがあると肌荒れや洋服の黄ばみの原因になりますので
溶けやすいのはベビー服を洗濯する上では重要な項目になります。

香り
香りはほんのりとハーブの香りが残りますが、本当にほのかにしか香らないので
においに敏感な方でも大丈夫です。
天然のラベンダー&スペアミントオイルを使用しているので香りはありますが、
香料は無添加なので安心して使えます。
私はこのハーブのほのかな香りが好きで干す時にいつも気持ちがよかったです。
干した後はほとんど香らないのが、残念なぐらい。笑

洗い心地
洗い上がりもさっぱり、ごわつかないです。
タオルでもふんわり仕上がるのでとても気持ちいいです。

詰め替えあり
毎日洗濯していると減りが早いので、詰め替え用があるのもよかったです。
ボトルを毎回買うのはさすがにもったいないですし、割高なので。

赤ちゃんのウンチ汚れ、母乳の汚れの洗濯方法

赤ちゃんのウンチ汚れ 布オムツ編

我が家は1人目の時は布オムツで育てていたんですよ。
布オムツだと全て布オムツに付いてしまうのでしっかり洗う必要がありますよね。
洗濯の時は、

バケツにアラウを入れて、
汚れたオムツ(輪オムツ)・オムツカバーを漬けておいて、洗濯機で洗うだけ!

ズボンも汚れたらそれも一緒に漬けておきましょう。

ウンチについてはちょっとモノが付いていると困るんで、
ささっと予洗いはしておいてくださいね。笑
朝全てのオムツと服を一緒に洗濯機で洗えばキレイに落ちてます。

新生児のウンチの場合は水分が多いのでしっかり付いてるんですが、
それも洗濯後は少し色が付いてるなと思っていても
天日に干せば、「まぁ不思議!」。
キレイに真っ白になってました。

赤ちゃんのウンチ汚れ 洋服・肌着編

布オムツのようにしっかり付いたものでもキレイに取れるのだから、
ちょっとぐらいのウンチ汚れが付いた洋服、肌着でも大丈夫!
アラウで漬け置きしてから洗濯すれば簡単に取れますよ。

しっかり付いてる場合は、アラウを直接汚れの箇所に付けて、揉みこんで洗濯機へGO!
これでしっかり落とせます。

母乳、ミルク汚れ

母乳やミルクもウンチと一緒でたんぱく質汚れですよね。
新生児のウンチは母乳やミルクしか出てないんですから!

だからウンチの場合と同じように漬け置きが一番。
吐き戻しやミルクがこぼれた場合には、結構取れにくいことがありますので
アラウを直塗り、漬け置きでばっちりです。

粉ミルクは結構黄ばみやすいので、直塗りが確実に取れると思います。

ベビー衣類の黄ばみに効く方法

このアラウ洗浄能力は問題ないのですが、
成分が繊維に残ると白いシャツなんかは黄ばみやすいので、
漂白剤を使ったり、すすぎを念入りにして石鹸成分が繊維に残らないようにしたり、
ひと手間かけたり工夫が必要です。

私は色落ちが心配だったので漂白剤は酸素系漂白剤を使っていました。
オキシクリーンも酸素系なので使えますよ。

塩素系漂白剤は殺菌能力が高いので、ノロフィルスなどの嘔吐、下痢がある
病気の際にも有効ですし、漂白剤としてしっかり漂白もしてくれるのでいいですよ。
色物は色落ちするので出来ないですが、白いものなら塩素系漂白剤でもOKですね。

オキシクリーンは子供靴の汚れにも効きますよ!
靴の汚れの簡単な落とし方の記事もぜひ参考にしてください。
↓過去記事はこちら↓
靴の洗い方革命!上靴の黄ばみも簡単、綺麗になっちゃった方法☆

さいごに

生まれたばかりの赤ちゃんから1歳ぐらいまでは、洗剤にも気をつけてあげたいなぁと思いますよね。
アラウなら安心して使えますし、十分汚れを落としてくれるので大人の服でも使えるので
家族全員分をアラウに任せちゃいましょう。
あの優しい香りの洗濯物を匂ってもらいたいです!
ぜひ一度試してみてくださいね。

ブログランキング参加中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする