オフライン翻訳機イリー(ili)。使い方や評価、口コミは?

海外旅行に行くと一番困るのは言葉ですよね!
旅行中に道に迷ったり、トイレが分からなくて困った時、「誰か助けて!」と
思う場面がたくさんあります。
最近はスマホの翻訳アプリもありますのでそこまでは困ることはないと思いますが、
スマホだとWiFiがなかったり、圏外だと使えないことがあるので、
オフラインで使える翻訳機があったらいいですよね。

即時に翻訳してくれて、オフラインで使える翻訳機イリー(ili)というグッズを
見つけたのでその使い方や評価、口コミを紹介します。

イリー(ili)とは

メインボタンを長押ししながら、日本語でイリーに話しかけます。
すると最速0.2秒で翻訳した内容を流してくれます。

話しかける言語は「日本語」だけ
翻訳してくれる言語は、3言語(英語、中国語、韓国語)です。
3つの言語は切り替えることが出来ます。

翻訳機ランキングでも1位ですね。
↓ ↓ ↓
キーワード「翻訳機」 ランキング

イリー(ili)の特徴

イリーの詳しい特徴を紹介していきますね。

一方向翻訳機

一方向の翻訳機となっています。
一方向とは「日本語」→「他言語」への翻訳だけ、ということです。

反対に双方向翻訳機は
「日本語」→「他言語」と「他言語」→「日本語」という翻訳となっています。

なぜイリーは一方向翻訳機なのかというと、
双方向翻訳機を使って、現地の人に話しかけてもらって翻訳する
「他言語」→「日本語」の場合に、色々と問題があったそうです。

1.相手が使い方を知らないので翻訳できない。
長文で話すので訳せない
ボタンを押しながらという使い方がまず分からない

2.相手が使うのを嫌がる
忙しい相手に話してもらうのが困難。
機械を渡しても警戒される。

3.見ず知らずの人に渡すのが怖い
故障や盗難のリスクが高い。

自分が翻訳機を渡される側だった場合、
見ず知らずの人から変な機械を渡されたら怖いと思いませんか?
そういう問題があったので、イリーは一方向翻訳機にしたそうです。

3つの言語に対応

話しかける言語は「日本語」のみとなっていますが、
翻訳してくれる言語は3つあります。
英語、中国語、韓国語
3つを切り替えることが出来るので、空港では「英語」、現地では「中国語」など
用途に合わせて使うことが出来ますし、出張では「英語」、旅行では「韓国語」など
目的地に合わせて使うことも出来ますね。

イリーは「旅」というシチュエーションで「使える」ように
海外旅行専用の文章に特化した辞書を搭載しています。

タクシー
おでかけ
食事
買い物

という場面での翻訳が得意です。
一般会話の中から旅行でよく使うフレーズを抜き出しているので
誤訳を削減することが出来ます。

反対にイリーの苦手な分野もあります。

商談や交渉
業界用語や専門用語
医療現場

旅行で使うという目的だけにフォーカスしているので
最速で翻訳して、言葉を伝える翻訳機として使えるんですね。

最新の翻訳エンジンにアップデートすることも出来るので安心です。
その場合はUSB接続してパソコンにつなぐ必要があります。

無駄を省いたシンプル設計

翻訳するにはメインボタンを押すだけ。
電源ボタンをワンクリックで1秒で高速起動し、長押しで電源ON/OFF。

使い方
①ボタンを長押し
②ボタンを押したまま、話しかける
③ボタンを離す(翻訳した言語が流れる)

詳細なスペック

寸 法 長さ:121.8mm 幅:33.0mm 厚み:13.0mm
重 量 42g
入力言語 日本語のみ(固定)
出力言語 英 語・中 国 語・韓 国 語
充 電 池 内蔵型リチウムイオンバッテリー
USB充電時間 約3時間
通常使用時間 3日間

使い方のコツ

いくら旅行に特化した翻訳機だからといっても、イリーに話しかける時に
翻訳してもらいやすいように使うコツがあります。

・ゆっくり、はっきり、標準語で話す。
→イリーが聞き取りやすいように話しかけてください。

・シンプルで短い文章で話す。
→長文で話しても翻訳することが出来ません。
 ワンフレーズで話しかけることで、高精度の翻訳をしてくれます。

・不必要な言葉は話さない
→「えー」「うーんと」など無駄な言葉は入れてはいけません。

評価や口コミは?

よいところ

一方向翻訳で十分
・こちらの意思が伝えれば、相手がジェスチャーや筆談で対応してくれる。
・要求を伝える時に使って、相手のリアクションには片言の言葉やジェスチャーで
伝えても、十分コミュニケーションは取れる。
・質問するハードルが低くなるので、話しかけやすい。
・翻訳が伝わらない(正確な訳が出来ない)時には言葉を変えて表現する。
 例:「○○はどこですか?」だと相手が長文で返答しても分からない。
   イエス・ノーで答えられる「○○はこっちで合っていますか?」にする。

翻訳スピードが速い
・訳す時間がかからないのでストレスが少なく、スムーズに会話出来る。
・スマホの翻訳アプリよりも速くて正確。

オフラインなのがよい
・ネット接続を気にせず、どこでも使えるのがいい。
・オフライン通訳なので時間がかからない。

起動スピードが速い
・ポケットから出して、すぐに使える。

改善して欲しいところ、悪いところ

・音声が可愛らしいので、男の人だと不自然。
・充電インジケータがないので電池残量が分からない。
・音量が一定。利用する場所によって最適な音量に変えられるとよい。
・翻訳した言葉が正しいものか分からない。

改善して欲しいところもあるようですが、翻訳というところでは
問題なく使えるようです。
「翻訳しやすいように話しかける」や「翻訳した言葉が正しいか分からない」
というのは機械でなくて翻訳者にお願いする場合にも必要なことなので、
そこは慣れることが必要ですが、機械で翻訳するというところでは
「速い」「伝えやすい」「使いやすい」という重要なところはカバー出来ているようです。

使用した方の話から、一方向だとこちらの意思は伝わるので
相手がこちらに伝えようとコミュニケーションが広がってくる。
親しみが出るので会話が楽しくなる。
という印象を受けました。

さらにイリーがあることで「それすごいね」と相手が興味を持ってくれるのも
会話が弾む要素の1つであるようです。

さいごに

海外旅行に行ったら、現地の人と会話する機会がたくさん出てきて
「通じるかな?」と不安になりますが、イリーがあれば解消されるのではないでしょうか。
海外でオンラインで翻訳機を使用するということもハードルが高いので
オフラインでいつでも翻訳出来るというのはとても心強いです。
旅行先が対応言語の場所ならばぜひ使ってみてくださいね。

ブログランキング参加中です。

人気ブログランキング参加中。
応援にボタンをポチっとしていただけると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする