チャイルドシート嫌がる子に対策と車用子供のおもちゃやグッズ

車で移動する時に小さい赤ちゃんだとチャイルドシートに座るだけで嫌がるんですよね。チャイルドシートに座らせると泣くのでおもちゃで気を紛らわせて欲しいけどなかなか難しい。

今回は車でドライブの時にチャイルドシートを嫌がる子供への対策とドライブで子供の必需品おもちゃやグッズについてご紹介します。

チャイルドシートで泣く時の対策

1.バックミラーに小さいミラーを付ける or チャイルドシートにミラーを付ける

ミラーで後ろが見えるようにすると赤ちゃんからお母さんの顔がしっかり見えるので安心しますよ。

さらにママも後ろの様子が見えるので、突然静かになったりして振り返ることなく運転中も確認出来るのでママも安心。

月齢が低い赤ちゃんの場合

月齢が低くチャイルドシートが後ろ向きの間は天井しか見えない状態だと泣くことがあります。

少し角度を変えて外が見えるようにしてあげるか、ミラーを付けて周りの状況が見えるようにするだけでご機嫌になることも。

ヘッドレストに付けるベビーミラーの場合

ヘッドレストに付けるタイプはチャイルドシートが後ろ向きの時は後部座席のヘッドレストに、チャイルドシートを前向きにした時には運転席か助手席のヘッドレストに付けます。前向きにした時には子供は自分の顔が見えるので喜びますよ。

クリップや吸盤で付けるベビーミラーの場合

クリップや吸盤式ベビーミラーだと助手席のサンバイザーに挟んだり、バックミラーの下にくっつけたり出来るので車両を選ばず使えて便利。夏場は吸盤式だと取れやすいという口コミもあるのでクリップ式が確実ですね。

おすすめベビーミラー

ベビーミラー

ヘッドレストに付けるタイプの角型ベビーミラー。360度角度が調整出来るので赤ちゃんからもママの顔が見えるので安心しますね。

ディズニーベビーミラー

ミラーとしてだけでなく、おもちゃとしても可愛いベビーミラー。キャラクターを見るだけで楽しくなりますね。

クリップ式ベビーミラー

大きくて見やすいベビーミラー。クリップ式なのでサンバイザーに挟んで使用できますよ。

取り付け方2WAYベビーミラー

クリップ、吸盤の2種類の取り付け方が出来るベビーミラー。車両を選ばず使えるので使いやすいですね。

2.車に乗る前に体力を使わせて、車内では寝るようにする

お出掛け前におうちでたくさん遊んでもらって、疲れている状態にして車に乗せると揺れが心地よくてよく寝てくれます。

私も移動時間が1時間~2時間ぐらいの時は、あらかじめ自宅でいっぱい遊ばせてから乗せるようにしています。もしくは午前睡やお昼寝の時間に合わせて移動するとすぐに寝てくれますよ。車に慣れると少しの移動の時間でも気持ち良くて寝ちゃうことも。

3.保冷剤をチャイルドシートに付ける

チャイルドシートは意外と蒸れて暑いようです。長時間だと不快なので座ること自体が嫌になっちゃうケースも。保冷剤を入れて涼しくしてあげるといいですよ。

チャイルドシートに入れやすい保冷剤はカチコチに硬くならない保冷剤がおすすめ。

こちらの専用保冷剤がおすすめ。

保冷剤が硬くならないので背中に入れても痛くないので子供も嫌がらないです。安価な保冷剤だとカチカチになってしまうので、専用の保冷剤を使うのはいいですよ。

タオルのようなポケットも適度な断熱材が入っているので冷え過ぎを防いで、保冷剤の持ちもよくなります。

保冷剤は1つで3時間ぐらいしか持たないので、スペア付きを購入するといいですよ。真夏の長時間移動だとそれでは間に合わないので安価な保冷剤もクーラーボックスに入れておけば、帰りの復路の時には適度に溶けて柔らかくなってちょうどよくなります。

ジュニアシートを使うぐらい大きくなっても使うものなので長く使えるのもいいですね。またベビーカーでも使用出来るのでお出掛け全般で役立つこと間違いなし。

4.おもちゃで気を紛らわす

ぶら下がるタイプのおもちゃ

窓側の手すりに付けられるおもちゃやチャイルドシートに付けられるおもちゃを付けると届きそうで届かなくて一生懸命手を伸ばして遊ぶのでご機嫌になりやすいですよ。

ハンドルタイプのおもちゃ

チャイルドシートに付けられるハンドル型のおもちゃも人気です。アンパンマンのハンドルは鉄板。ベビーカーや家の中でも遊べてコスパもよし。

5.歌を歌う

小さい子供は歌が大好き。特にお母さんの声で歌う歌は心地がよくてご機嫌になることが多いですよ。曲は明るい曲やゆっくりの曲がおすすめです。

我が家は泣いたら「赤鼻のトナカイ」が定番でした。季節問わず夏でも「赤鼻のトナカイ」(笑)。
人によっては「ぞうさん」などもゆっくりのテンポでよかったようです。お子さんによって好きな曲が違うのでどの曲がよいか試してみてくださいね。

6.外の景色を楽しむ

泣いてしまうとDVDや動画を見せたりすることも多いと思います。でも外の景色を見ることに慣れるとDVDがなくても十分楽しんでくれますよ。

外の景色を観察するのは子供の好奇心を刺激してくれて、情報収集の能力を得る練習にもなります。子供ながらにいつもと違う発見をすると教えてくれることもあって、ドライブが楽しくなります。

泣いてしまった時でも「ゴミ収集車(トラック)が走ってるよ」「公園があるね」など外の様子を話しかけてあげると泣き止むことがあります。横に座った時などに話しかけてあげて、外の景色も面白いということを教えてあげるといいですね。

チャイルドシートで泣いてもやめた方がよいこと

食べ物を渡すのはやめた方がいい

運転中にお菓子や飴を渡して大人しくしてもらうこともあると思いますが、

大人しいなと思ったらお菓子を喉に詰まらせていた!
棒付きの飴を持たせていたら大きいまま飴が棒から外れて喉に詰まらせていた!

という事故も起きています。

誤飲事故が起こっても運転中だとすぐには停められないので1人で運転している時にはやめた方がいいですね。

チャイルドシートから降ろさない

運転中にギャン泣きされると可哀相で抱っこしてしまいそうになりますよね。でも一度降ろしてしまうと、「泣く=降ろして抱っこしてもらえる」と覚えてしまいます。

事故が起こった時に抱っこだと子供が前に放り出されてしまい危険です。

少しの間、心を鬼にして車に乗る時はチャイルドシートに乗ることを教えてあげましょう。しばらくは泣き続けるかもしれないですが、慣れると泣かずに大人しく座ってくれるようになりますよ。

公園に行く時に車に乗ったりして、車に乗れば楽しいところに行ける!ということを教えてあげるのも一つの方法です。

チャイルドシート抜け出す場合、肩ベルトを外してしまうようになったら?

小さいお子さんでも少し知恵がついてくると自分でチャイルドシートから降りようとベルトを肩から外すことがあります。5点ベルト式だと腰部分はベルトはありますが、肩が外れているだけで危険度は増してしまいます。そんな時に便利なのがこちらのグッズ。もし肩ベルトの外すようになってしまったら試してみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカタ ハーネスクリップ A AFPTS-001
価格:1501円(税込、送料別) (2018/12/28時点)

さいごに

子供を車に乗せて大泣きされると運転中も気になってしまって、大変ですよね。

我が家も上の子は車に慣れるまではチャイルドシートに座りたがらず泣き叫んでいました。でも車では楽しい場所に行く、外の景色は楽しいということが分かり始めると率先して座ってくれるようになりました。

今は色々な対策グッズもありますので、お子さんに合わせて試してみてくださいね。

家族のドライブが楽しい思い出になりますように。

ドライブ特集記事♪

渋滞でも安心、車の便利グッズ情報。
渋滞の車で便利グッズ女性におすすめは?車に乗せておくと便利アイテムたち♪

ペットとの楽しいドライブにも。
犬猫と車でお出かけドライブ旅行におすすめ車のペット用品♪

年末年始2019年の高速道路情報も。
2019年Uターンラッシュ帰省ラッシュいつ?ETC休日割引適用日はいつ?

ブログランキング参加中です。

人気ブログランキング参加中。
応援にボタンをポチっとしていただけると嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする